image

埼玉メディカルスクエア  »  院外処方について

院外処方について

院外処方箋について

埼玉メディカルスクエアでは医薬分業を推進する厚生労働省の方針に基づいて、患者様のお薬については院外処方としています。
お帰りの際に処方箋をお渡ししますので、こちらをお近くの保険薬局に提出してください。
保険薬局の薬剤師が処方箋の指示通り調薬し、患者様にお薬をお渡しいたします。
処方せんの有効期間は、発行の日を含めて4日間となります。
4日を越えて使用したい場合は診察時に医師にお申し出ください。

近隣の保険薬局へのご案内はこちらのページになります。

院外処方のメリット

  • かかりつけの薬局を作ることにより、複数の医療機関から処方されているお薬の薬剤管理ができるようになります。
  • 飲み合わせのチェック、重複投薬の防止、過去の投薬によるアレルギーチェックをすることができます。
  • 診察と分業化されているので、お薬の説明をゆっくりと聞くことができます。
  • 院内処方に比べて、待ち時間が短く済みます。
  • 保険薬局での料金は医療費控除の対象となります。
  • 医師のミスをチェックすることができます。間違っている場合は薬局で問い合わせ・訂正します。
  • お薬の受け取りは患者様の都合のよい時にでかまいません。
    (家族の方など代理の方でも差し支えありません。)

院外処方のデメリット

  • 院外処方せんにすることで患者様が負担金額が高くなることがあります。
    (保険薬局で行う薬歴の記録や服薬指導を行うための費用となります。)
  • 院外の保険薬局に行かないとお薬がもらえないため、二度手間になってしまいます。
  • 処方せんを紛失したり、有効期間を過ぎると薬局ではお薬をお渡しできません。
    処方せんを再発行する場合は処方せん料等を自費でお支払いしていただきます。

皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

このページの上部へ戻ります