image

埼玉メディカルスクエア  »  的場胃腸クリニック  »  内視鏡検査のご案内

内視鏡検査のご案内

経鼻内視鏡当クリニックで行っている消化管の画像検査には、バリウムを用いた透視検査(胃透視・注腸検査)と内視鏡を用いた検査の二通りがあります。

内視鏡検査はバリウム検査と異なり、医師が直接臓器内部を確認しながら検査を進めて行くため、バリウム検査では見つからないような小さな病変も発見することができます。
しかし胃の内視鏡検査の場合、従来の口からファイバーを入れるタイプの検査では飲み込む時に痛かったり、咳き込んだりと少なからず苦痛を伴うため、検査に抵抗を示される患者様も少なくありませんでした。

これらの苦痛を軽減すべく開発されたのが鼻から入れるタイプの内視鏡です。
当クリニックではこの度、最新タイプの経鼻内視鏡を導入いたしました。

経鼻内視鏡について

経鼻内視鏡検査の様子経鼻内視鏡には従来の経口タイプのものと比べて、以下のような利点があります。

  • 嘔吐反射(オエッ)が少なく楽に検査できます
    従来の口から入れる内視鏡の約半分程度の直径(うどんぐらいの太さです)なので、のどを通過する時の違和感が大きく軽減されています。
    また舌の奥にある、押されると「おえっ」と来る場所を通らずに観察できるため、吐き気を催さずに検査することができます
  • 安心して検査が受けられます
    口がふさがれないので、検査中に医師と会話することができます。
    気になることなどありましたら、お気軽に医師・スタッフへお伝えください。
  • 身体への負担が少ないです
    経鼻内視鏡検査は経口に比べて心拍数・血圧・血中酸素濃度の変化が少なくすむ事が報告されています。
    高血圧の方、心臓に疾患がある方に優しい検査です。
  • 検査した後も楽です
    検査時間は口からの検査とほぼ変わりませんが、苦痛が軽減されているため、従来よりも短く済んでいると感じられるようです。
    また局所麻酔が30分~1時間と従来の半分程度の時間で切れるため、検査後日常生活に復帰しやすいです。

このページの上部へ戻ります

大腸内視鏡検査について

大腸内視鏡検査は内視鏡をお尻(肛門)から挿入し、S状結腸→下行結腸→横行結腸→上行結腸と観察する検査です。
途中でがんやポリープなどが見つかった場合は、組織を一部採取して(生検)顕微鏡で調べる精密検査をします。
またその場でポリープを切除することも可能です。

大腸がんはポリープが徐々に変性していくことでがん化することがよく知られています。
ポリープのうちに切除しておけば、大腸がんを予防することも可能です。
また、大腸がんの発生には遺伝的要素も関わってきます。
三親等以内に大腸がんにかかられた方がいる場合、その他血便、急に便秘になった、便が細くなった、便に血がついていた、などの自覚症状がある場合は一度内視鏡検査を受けられることをお勧めします。

このページの上部へ戻ります