image

埼玉メディカルスクエア  »  まとば歯科クリニック  »  虫歯予防はじめませんか?

虫歯予防はじめませんか?

image1毎日のちょっとした努力で虫歯は予防できます。
虫歯予防には正しい食生活が一番大事です。ブラッシング指導、定期健診と一緒に指導を受けましょう。

カリエスリスクテスト

カリエスリスクテスト(Caries Risk Test)は、口の中のばい菌の量を測定することで、あなたの虫歯に対する危険度を判定する検査です。虫歯にかかりやすい度合を検査することで、適切な予防処置をとることが可能になります。
唾液の量・質、唾液に含まれるばい菌の数を調べる試験からなるため、血液採取するテストなどと異なり、痛みを感じることなく簡単に終了します。
カリエスリスクテストは保険適用外になります。1回3000円です。

フッ素の利用

フッ素塗布には以下のような効果があります。

  1. 歯を強化する
  2. 再石灰化(溶け始めた歯を元に戻す)を助ける
  3. 虫歯菌を抑える

虫歯の多い小学生以下(12歳以下)のお子様には、特にフッ素塗布をおすすめします。
永久歯が完成するまでの、虫歯にかかりやすいこの時期に、適切な歯磨きに加えフッ素塗布を繰り返す事により、健康な歯を保つことができます。
フッ素塗布は週1回、3回で1ターンとなり、費用は3回分で3150円(税込み)となります。
これを4ヶ月ごとに繰り返します。

キシリトールの利用

image1975年、フィンランドのマキネン教授によりキシリトールの虫歯予防効果が発見されました。
日本では1997年に当時の厚生省がキシリトールを認可し、今では食後にキシリトールを食べる習慣が定着してきています。

キシリトールは口腔内で酸を生成しないため虫歯を作りません。
またキシリトール配合のガムを噛むことにより、唾液中のpHが上昇し、歯の修復が促されるため、虫歯予防に役立ちます。
食後にはキシリトール配合ガムを噛むことをおすすめします。

シーラント

シーラントとは、奥歯の溝をむし歯になる前に埋めてしまう方法で、特に溝が深く複雑な6歳臼歯に効果的です。
きちんと埋めていれば短期的には虫歯予防になりますが、塗布した薬は年月の経過とともにすこしずつはがれてきてしまうため、処置後も定期健診や、正しいブラッシング、フッ素の活用、食生活の注意等が大切になってきます。
こちらの施術は1本あたり3000円となります。class=”right”

このページの上部へ戻ります